ピロリ菌外来

ピロリ菌外来

ピロリ菌外来ヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかの検査や、除菌治療を行っています。

ヘリコバクター・ピロリ菌について

ヘリコバクター・ピロリ菌(通称ピロリ菌)は胃十二指腸潰瘍の原因であり、胃過形成ポリープ、萎縮性胃炎、鳥肌状胃炎、などに関与していると言われ、その延長線上に胃癌の発生に関わっているとされています。他にも、悪性リンパ腫の前段階である胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、鉄欠乏性貧血、免疫疾患、皮膚疾患などの関与も報告されています。
先進国では珍しく日本での感染率は高く、感染がわかった場合には除菌治療が推奨されます。胃や十二指腸潰瘍、胃がんの方を両親に持つ場合、高率で菌を持っている可能性がありますが、感染していてもお子さまを持つ前に除菌治療を受ければ、次世代に感染を伝える可能性はなくなります。これから子どもを持つ若い世代がピロリ菌の検査を受けて、感染していた場合に除菌治療を受けることは、「胃がんワクチン」であり、新しい胃がん予防法だと言えます。
なお、慢性胃炎の方のピロリ菌検査、除菌治療は、平成25年2月からが保険適用になっています。

ヘリコバクター・ピロリ菌検査方法

当クリニックでは4種類の検査を行っています。

尿素呼気チェック

テキスト追加

迅速ウレアーゼ法

胃カメラ検査時に胃組織を採取し、その検体を調べます。

抗体法・抗原法

血液抗体測定、尿中抗体測定、便中抗原測定があり、もっとも安価であることからピロリ菌のスクリーニングに用いる検査法です。確定診断のための検査を受けるかどうかの指針になります。

鏡顕法

胃カメラ検査時に胃組織を採取し、染色して病理医が顕微鏡で感染の有無を診断します。

ヘリコバクター・ピロリ菌専門外来

ヘリコバクター・ピロリ菌専門外来当クリニックで胃カメラ検査を受けていただいた場合、適切な感染検査、そして除菌治療が受けられます。また、6か月以内に受けた人間ドックの胃カメラで慢性胃炎の診断を受けたり、採血などでピロリ菌感染陽性を指摘されている場合には、その場で除菌治療を開始可能です。

※平成25年2月より保険診療の適用拡大が行われ、保健診療の対象となる方に変更がありました。
以前は胃カメラ検査で胃十二指腸潰瘍、その他の数疾患が確認されることが適用の条件でしたが、現在は胃カメラで慢性胃炎を認めた場合、全員がピロリ菌の感染検査を保険適用で受けられます。検査でピロリ菌感染が認められた場合、保険診療で除菌治療が可能です。
また、6か月以内に他施設の人間ドックなどで胃カメラを受け慢性胃炎の診断をされた場合は、ピロリ菌検査を保険診療で受けられます。その結果感染があれば除菌治療も保険診療です。

他の医療機関で一度ピロリ菌の除菌に失敗したことがある場合には、6か月以内に胃カメラ検査を受けていたら保険治療対象者となります。

除菌治療は1回目で除菌失敗した場合、2回目の除菌治療も保健診療となります。

それ以外は自費診療となります。こうした細かい条件確認が必要ですので、まずはお問い合わせください。

自費診療となるケース

  1. 健康診断などでピロリ菌感染が指摘されたものの、胃カメラ検査を受けたくない場合
    ※ピロリ菌感染があった場合、すでに胃がんが発生している可能性があるため、基本的には胃カメラ検査をお勧めしています。
  2. 二回の除菌治療(二次除菌)が失敗し、三回目以降の除菌治療をご希望の場合
  3. クラリスロマイシン(クラリス)、サワシリン(ペニシリン系抗生剤)にアレルギーがある場合
    ※以前除菌治療を受けた際に、じんましんや湿疹が出現して治療を中止した場合は薬剤アレルギーの可能性が高いため、通常の除菌治療ができないことがありますので、まずお問い合わせください。

除菌治療について

Step 1

抗生剤2種類とPPIと呼ばれる胃潰瘍治療剤を1週間服用します。
副作用は、味覚異常(約30%)、下痢(約13%)、じんましん(約5%)肝機能障害(約3%)、などがあります。なにか異常があったらご連絡ください。特にアレルギーとみられる症状が起こった場合には、服薬を中止して、すみやかにご連絡ください。

Step 2

当クリニックでは、治療から1ヶ月後以降に除菌治療が成功したかどうかの判定検査を行います。
最初に受ける除菌治療が成功する確率は、70-80%とされています。

Step 3

除菌治療が成功しなかった場合、ご希望により二次除菌治療を行います。
服用する抗生剤のうち、クラリスをメトロニダゾール(商品名:フラジール)に変更します。
服用期間は、1週間です。

Step 4

除菌後1か月後以降に、判定検査を行います。一次除菌と二次除菌を合わせた成功率は97~98%です。ほぼ成功すると言えますが、2~3%は失敗するケースがあるため、当クリニックでは自費治療にはなりますが三次除菌、四次除菌にも対応しています。

クリニックブログ 当院の口コミを見る 当院の口コミを書く

 

めぐみクリニック粉瘤LP