睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome: SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、SAS(サス)とも呼ばれます。
医学的には、10秒以上の気流停止(軌道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、もう少しで呼吸が止まりそうな弱い呼吸状態を低呼吸といいます。
無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間で5回以上あれば、睡眠時無呼吸と診断されます。
睡眠時無呼吸は様々な疾患の原因となることから、近年注目を浴びるようになりました。この病気の問題点は、寝ている間の無呼吸のため気が付きにくい点にあります。また、睡眠時無呼吸が引き起こす症状・疾患が多岐にわたることです。高血圧、心臓病、脳血管疾患、不眠症などが代表的な疾患であり、これらの疾患を引き起こさないために、出来る限り早く治療を開始する必要があります。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状

代表的な症状は以下のものがあります。

睡眠中
  • いびき(いびきが止まり大きな呼吸とともに再びいびきが始まる)
  • 睡眠障害(何度も目が覚める、熟眠感がない)
  • 息苦しい、胸がドキドキする
  • 寝汗をかく
  • 歯ぎしりをする など
起きた時
  • 頭痛がある
  • 熟眠感がない&すっきり起きられない
  • 睡眠時間はしっかり取っているのに疲れが取れない
  • 口が渇いている など
日中
  • 疲労感がつづく
  • 集中力が続かない
  • 頭痛
  • 眠気を感じるか など

睡眠中は脳と体を休ませるためのものですが、睡眠時無呼吸があると呼吸が停止するため、体の中の酸素がへっていき、酸素不足を補うために心拍数が増えます。自分自身では気が付いていなくても、寝ている間に脳や身体に大きな負担がかかっているわけです。脳も体もゆっくりと休息が取れないため、上記の症状が出ているのです。
また、睡眠時無呼吸による日中の眠気は、判断力・集中力の低下や作業能率の低下を引き起こします。そのため、睡眠時無呼吸患者では居眠り運転の割合が5倍に増えると報告されています。

睡眠時無呼吸症候群の種類

閉塞性睡眠時無呼吸

空気の通り道である気道が塞がり、呼吸が止まってしまうタイプで、睡眠時無呼吸症候群の患者の90%がこれに該当します。
原因としては、肥満による首やのど周りの脂肪沈着、顎の小ささなどが挙げられます。

中枢性睡眠時無呼吸

脳にある呼吸中枢の機能異常によって無呼吸になるタイプです。気道が塞がっていないため、いびきをかかないのが特徴です。
心不全や脳血管疾患などと関連があると考えられます。

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠状態を評価し、睡眠中に生じる異常な生体現象を客観的に捉えるための検査で、ポリソムノグラフィー(PSG)検査といいます。この検査で睡眠時無呼吸症候群の確定診断が可能です。
当院では簡易診断器を用い、ご自宅での検査が可能です。

睡眠時無呼吸症候群の治療

CPAP療法

一定以上の無呼吸回数がある睡眠時無呼吸症候群の患者さんには、CPAPと呼ばれる持続陽圧呼吸療法が第一選択となります。眠っている間に圧力をかけながら空気が送り込まれるので、気道が塞がらずに確保されます。保険で治療が可能であり、出張時にも持ち運びができるコンパクトなサイズです。

減量

肥満の方は、まず減量が必要です。軽症の方は減量だけでかなり症状が改善いたします。

マウスピース

睡眠中の口の中に「スリープスプリント」と呼ばれるマウスピースを使用する治療法があります。睡眠中に顎が少し前に出るように固定することで気道を確保します。虫歯や歯周病、顎関節症などがあると使用できない場合があります。専門の歯科医に歯並びに合わせて特別に作ってもらう必要があります。

外科的手術

扁桃腺腫大やアデノイドが原因の時は手術が有効です。

クリニックブログ 当院の口コミを見る 当院の口コミを書く

 

めぐみクリニック粉瘤LP